CTを利用した、3次元画像診断
治療を行うにあったって、CTでの3次元画像診断は、従来のレントゲン装置に比較し、正確な診断と安全な治療を行う上で、大変大切なものです。

臨床的には、根管治療時の病巣の大きさ、歯周病による歯槽骨の吸収状態の把握や埋伏歯の位置確認、顔面部の腫瘍・骨折などの診断に有効で、治療及び手術を適切に安全にしかも短時間で行うことができます。

特にインプラント治療においては、CTでの術前診断は不可欠です。重要な骨量・骨質・神経管の位置などの診断を得て、最適なインプラント治療が可能になります。また、短時間・低被曝と患者様にも優しい装置です。

■ わかり易い説明 ■
3D画像を活用し、患者様にわかり易い画像で御説明いたします。