虫歯と歯並びの診断治療が大切な時期です。予防にフッ素を用います。
乳歯は永久歯と比べて、歯の質が弱く虫歯をほおっておくと進行が早く永久歯にも影響するので、早めの治療をおすすめします。

乳歯と永久歯の混在している時期においてどうも永久歯がキレイに並ばない可能性がある場合、咬合誘導という前歯からキレイに並べていく治療及び、矯正治療も行っています。

虫歯はどこからくるの?  小児の虫歯

生まれたばかりの赤ちゃんには、虫歯菌はいません。乳歯のはえ始めるころから、3歳位までに主に保護者であるお母さんからうつり易いと言われています。

虫歯菌が子供にうつらない様に気をつけてあげましょう。虫歯菌は、口移しで食べさせることでうつります。歯ブラシやスプーンなどを赤ちゃんと共有するのはやめましょう。

妊娠中からお母さんの虫歯菌を少なくしておきましょう。


虫歯になるとなぜいけないの?

「どうせはえるから」と、乳歯の虫歯を軽く見ていると大変です。

食物がしっかり咬めなくなったり、偏食になることもあります。

前歯がなくなると、うまく発音できなくなることもあります。

さらに気をつけないといけないのは、永久歯の歯並びや歯質にも影響を与えることです。

歯並び

乳歯のすぐ下では、永久歯が育っています。永久歯が成長すると乳歯の根が吸収され、正しくはえる所に永久歯を導きます。もし、早い時期に乳歯を失うと、永久歯は正しいとろこにはえることができず、歯並びに影響してしまうことがあります。

永久歯の歯質

乳歯がひどい虫歯になったり、根の周りに膿がたまると、永久歯の色が部分的にくすんだり、質の弱い歯になってしまうことがあります。